スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腎のお勉強

この間、鍼の先生に「腎が弱い」と言われたので、ちょっと勉強してみました。

体格的にまず、「骨太」の人は腎が強いそうです。私たちが持つ先天的なエネルギー(精)、つまり生命力が宿る場所が「腎」なのだそうです。この腎が弱った状態を「腎虚」いいます。
私は骨格は細い方ですし、腎のツボがある腰は、慢性的な「重くだるい腰痛」なのです。これが「腎虚」である現れです。

この腰痛との付き合いはもう10年以上になります。学生時代に激しいスポーツをしていたため、その時以来の腰痛だと信じて、なるべく腰に負担をかけないように・・・と殆ど腰を伸ばすという動作をしないようにしてきました。これがいけなかった! 

そのため、腰の辺りにはドロドロの血が溜まり(於血)、子宮筋腫や内膜症を患ってしまったのではないでしょうか。。

さて、この「腎虚」についてですが、「腎虚」は「腎陽虚」と「腎陰虚」に分かれます。

「腎陽虚」とは、主に冷え性な人、寒がりな人です。
そういう人は、胡桃を食べるといいそうです。
実際、私はそれを前から知っていて、毎日、胡桃を食べています。

ところが!!鍼の先生は、「胡桃か~。胡桃合ってないと思うよ」 ̄□ ̄

なぜなら先生によると私は「腎陰虚」。腎陰虚の人は、外側は寒がりなんだけど、内側は熱くってほてりや汗をかくそうです。ってまさに私じゃん。
私は自分が「更年期障害じゃないか?」っていうぐらい急に熱くなって汗が止まらなくなったかと思うと、その汗で急激に冷えてしまうことが多々あって、夏は特に体調を崩してしまいがちです。

腎陰虚の人は、黒豆、黒ゴマと黒いものがいいそうです。
でもこれも前からやってます(黒米だけど)。

他にも黒い食べ物調べてみました。

ひじきや海苔などの海藻類、しいたけ、そしてウナギ!

ウナギは私のNo.1大好物です。
体は良く知っていますね~。
でもウナギは高いからそんなに頻繁には食べられませんが。。
中国産のウナギは怖くて食べられないし。

そしてどちらのタイプの人にもいいものが、「栗くり」です。

栗も大好物なんです。栗って名前があるとすぐに買ってしまう。でも今はシーズンじゃないからだめですね。(中国産は農薬が怖いし・・・)

というわけで、まとまらなくなりましたが、
どちらかというと、胡桃は腎に良いと思って無理やり食べていましたが、海苔などの海藻類やウナギ、栗といったものはすべて私の大好物です。 やっぱり自分の体は、自分の心よりも、よく知っているんですね。

早速、ダンナに報告して、今年の夏は何度も蓬莱軒に連れていってもらお~!

名古屋の方に鰻のおすすめスポット!金山駅の近くにある「三福」という小さな鰻屋さんも、かなりおいしいです。あと人生で一番美味しい鰻だったのは、郡上八幡にある吉田屋という旅館にある鰻屋さんです。あ~また食べたいなぁ~!!
(昨日ウナギ食べたんですが、もう食べたい!)

かなり話がそれちゃったのでここでおしまいバイバイ


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

マキポキ

Author:マキポキ
不妊治療歴5年になりました。優しいダンナくんの赤ちゃんが出来るのをずっとずっと待っています!あきらめたくない!

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。