スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長かった…そして長いです。(1)

ひさしくブログをアップしていませんでした。


前回のつづきからお話しますと、


HMG300を2本打ったことにより、急激に卵は成長し、E2が200から一気に1000を超えるという状態になり、急遽採卵が決定しました。排卵をしないように、今度は排卵抑制をする注射をもう一本。

できるだけ自然に…と思っている私には、「わけわからない」状態でした。

それでも前日に鍼の先生が丁寧に体の調子を整えてくれて万全の状態にしておきました。


そして採卵。同じ時間帯の人は3人。1人づつ約5分ぐらいで戻ってきました。最後は私。採卵は、ブログ仲間のakaneさんが「女性の先生の採卵がすごく痛かった」と聞いて覚悟していたのですが、やはり女性の先生で、ちょっとびくびく。ご本人の診察はとても優しくて良かったんですけどね。

採卵前からその先生には、右卵巣の位置がちょっと悪いときがあって、右からの採卵は痛いことが多いので麻酔をお願いしますと言ってありました。しかしこの病院の麻酔は注射を膣に打つというもの。痛みがあり、採卵に3回ぐらい針をさすのが4回になってしまうからあまりお勧めしないという話でした。なので無麻酔。。

「痛くしないでね」という気持ちを込めて「お願いしま~す・・・」というと先生はもう集中していて返事がありません。

そして、、、、







あんなに痛い採卵はありませんでした。「痛い~」と叫んでしまったのは最初だけ。後半は殆ど痛みで失神しかけてしまいました。激痛です。針を刺すときが痛いというのが今までの採卵でしたが、もう器具を入れるところからかなり痛く、右の卵巣に針が刺されたときはひーひー言っておりました。右には合計3回。やっと終わったんだろうか、、と思っていたら、左にも未熟卵があるということで1回刺しました。左もこれまでの病院に比べると痛いけれど、それでも右の痛みとは全然レベルが違いました。

終わったあと、痛みで体に力が入らず、術台から自分でおりられず車椅子で運ばれました。ベッドに下ろされると痛みで涙が出てきます。注射も平気だし、痛みには弱いほうでもないのだけれど、正直言って手術の後の痛みと同じぐらいでした。手術はもちろん全身麻酔だからその時の痛みはないけれど、なんだか鮮明に蘇ってくるぐらいの採卵でした。


血圧も上が70台まで落ち込み横になって痛みを堪えていました。そうするうちに前に採卵を済ませた方たちはそれぞれ帰っていきました。本当ならば私もそろそろ着替えて帰れるはず。。でもとても無理です。


看護婦さんが様子を見に来て出血具合をみると、出血が酷いということ。当てていたガーゼを見ると血だらけで術衣も血がしみています。これはちょっとおかしいということで、再度、今度は院長先生による診察になりました。


「まだ痛いのに…また器具入れられる・・うぅ(涙)」と思いながら、、院長先生は「どこが痛いの!?」とちょっと怖い。私が大げさなんだろうか、、、と凹んでいると、「出血は酷いけど、そのうち治まる。異常はない」ということで、終了となりました。そこから1時間ぐらい横になっていて、そろそろ帰らないと、、と思い採卵後の診察を受けました。

すると院長先生の診察に変わりました。
先生は、やっかいな患者と思ったのかな。。

「卵は6個、成熟卵3個と未熟卵3個です。全て顕微授精してあさって一番良い卵を戻します」とのこと。

前回の女医さんの診察では、内膜が全然育ってないので移植は難しいでしょう、と言われたことを話すと先生が、「今日の内膜図っとらんなぁ」といって再度、内診です。

「あぁ、また器具入れられる。。痛いよぉ。。。(涙)」3度目ですよ。

そしたら「内膜も0.8mm育っているので明後日、移植します」と決定しました。


診察が終わると、看護婦さんから詳しい説明を受けることになっています。すると看護婦さんが「今回は出血が酷いので移植はキャンセルになりました」と。「??さっき先生から移植しますといわれたばかりなんですが…」と言っても、その後でやっぱりキャンセルになったのです、と。まぁお腹も痛いしいいか、、と思って病院を後にしました。ところがお腹がいたくて100mぐらい歩いたところで痛みがまた酷くなってきました。車でO.Kと言われていたので、コインパーキングまで500mぐらいはあります。朝食も抜きにしてくださいと言われていたので、カフェに入って暖かいチャイを飲み1時間ぐらいじっと座っていました。痛みと疲れで、今日は夕飯の支度が出来ないと思い、デパートでおすしでも買って帰ろうと思っていたのですが、とてもそんな余裕なし。ゆっくりと歩いてようやく駐車場につきました。そしたら病院から電話。今度は婦長さんです。「さっきは看護婦が勘違いしました。先生はあさって移植のおつもりですよ」と。

ええ~(@o@)??(混乱中~)

まだ近くにいると言ったら、詳しいお話がありますが病院に戻ってきても良いですよ。といわれたけれどそんな元気もなく電話で済ませ、ようやく家に帰りました。家に帰ってもお腹が痛くひたすら寝ていました。するといつも遅いダンナくんが定時で帰ってきてくれて、貧血気味の私を元気づけるために大好物の鰻を食べに「蓬莱軒」に連れて行ってくれました。 朝から何も食べていなかったので、特上うな丼とう巻きを頼んでくれました(私はひつまぶしよりうな丼が好き)。美味しかった(涙)。さすがにちょっと食べすぎましたが少し元気になりました。でもこの日は家に帰ってすぐに爆睡。。。。


長い一日でした。




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

いつもブログ拝見していて初コメントさせていただきます。私も不妊症で結婚して3年目に突入しました。
周りはどんどん妊娠して、最近はふっきれたような気が
するけど、やはりストレスに感じます。
体外受精はとても痛そうですが、前向きなブログに
いつも勇気づけられます!

Cherieさんへ

ずっと前にコメントを頂いていたのですね。お返事が遅くなり大変申し訳なく思います。

最近、なかなかゆっくりパソコンを見る機会がなくって・・・ついつい遠ざかっていました。

いままで読んでくださっていたのですね。

前向きなブログというのは驚きです!私ほど後ろ向きな人間はいないと思いますよ~。

でも最近は今までのようではダメだなーと思って前向きに考えるように努力してます!

cherieさんもブログをされているならぜひ教えてくださいね。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マキポキ

Author:マキポキ
不妊治療歴5年になりました。優しいダンナくんの赤ちゃんが出来るのをずっとずっと待っています!あきらめたくない!

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。