スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳あって入院中です。

ひさしぶりの更新になってしましました。

前回の採卵から一度もPCを見ることもなく、、今日は病院のベッドでだんな君がおいていってくれたノートPCで久しぶりの更新となりました。

さかのぼること3週間ぐらい前、

採卵は、今回は院長先生だったのと麻酔ありだったので、前回の失神寸前ほどではありませんでした。


しかし、私の右の卵巣はぺったりと子宮の後ろ側にくっついてしまっているようで(筋腫手術の影響だろうと)
麻酔も効かない激痛となり、右に4つあったメイン卵ちゃんのうち、2つとったところで、院長先生が
「だめだ。これ以上やると子宮が危ない。終わり」という声が聞こえたので、「我慢しますからとってください」と言ったのですが、終わってしまいました。

今回はよろよろでしたが、自分の足でベットに戻り、他の人が30分の安静で戻っていくなか、私は2時間の安静をとるように言われました。


結果、4つとれ、3つは成熟卵ちゃん、1つはやや未熟卵ちゃんでした。
その後、ICSIで4つとも受精しましたが、2つは染色体異常でX、あとの2つのうち、1つは2日目で、まだ2分割と遅め。もう一個の卵ちゃんは、グレード0のこれまでに見た中で一番きれいな卵ちゃんでした。

ただ、培養してどこまで生き残れるか…ということですが、


ここからが大変だったのです。


つづく…
採卵後、卵巣過剰刺激症候群ということで、安静にするように言われていました。

採卵3日後、お腹に力を入れないように気をつけてはいたのですが、旦那くんも風邪で寝込んでいたので、冷蔵庫のものを買い足しに出かけました。結構たくさん荷物があったので、重すぎにならないように何往復かして、駐車場から家まで運んだのですが、、これがいけなかったのか。。


次の日からズキズキと腰が痛み出しました。

その2日後には歩けなくなりました。

ついに寝たきりになりました。

ものすごい激痛が腰からわき腹にかけてあり、歩くことも座ることもまったくできなくなりました。


お盆休み前の整形外科に駆け込んで、(車でも座れず横になっていきました)レントゲンをとると、


「腰椎分離症」との診断。


分離症とは腰椎の一部が子供のころの激しいスポーツで疲労骨折した病気で、年齢をかさねるとそれを支えていた
椎間板が腰椎をささえきれなくなってヘルニアになるということでした。


早速、MRIの予約をとって、ヘルニアかどうかの診断を受けることに。。


それまで3日間、ひたすら激痛で眠れないまま、寝たきりになっていました。痛み止めもすぐに切れてしまう状態。。


と、ここまで。



疲れてきました。また明日更新します。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

マキポキ

Author:マキポキ
不妊治療歴5年になりました。優しいダンナくんの赤ちゃんが出来るのをずっとずっと待っています!あきらめたくない!

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。